2013年02月03日

冬のバス釣り ルアー徹底研究

バスフィッシングの基礎を知っておかなければ、ただ、ハリを落とせばいいと言うことではないのです。単にバスを釣って楽しんでいるだけでも、冷たい視線で見られているかもしれません。大きなバスは経験によって賢くなります。
海際の長く防波堤が続くところなどは、釣り場として多くの人が楽しんでいます。あちらこちらの釣り場に行くのもいいですが、初心者のうちは同じところで慣れるといいですね。遅れないように準備しておくことです。
もちろん、その日の海の具合にも関係しますし、魚の種類にもよります。最初から全部を覚える必要はありません。釣りが大好きなのだなあと思わせる文章ばかりです。
秋口から気温が下がりやすくなります。防寒着の役割は風で体温が奪われるのを防ぐことと、急な天候の変化によって雨が降った時の雨具となります。フードは取り外しができるようになっていますね。
エサの大きさ、付け方一つでも釣りの成果は変わってくるのです。釣りの経験が重要だと言うことは、それだけ釣りは奥が深いことを意味しています。一つのやり方で成果が出なければ、方法を変えるのもベテランの技です。
魚を食用として釣るのではなく、趣味として釣っていることを考えましょう。釣りブームで釣りの楽しさを知る人が増えるのはいいことですが、それと同時に海辺のごみが増えるのは許せませんね。魚には命があるのです。


posted by ゆうい1131 at 14:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。